itukawakanemotiniのブログ

訳あって一人暮らしの中年ダメおやじのブログ

音楽

こんばんは。


だんだんと北風も冷たくなり、いよいよ冬になる。
朝、仕事へ行って山々の方を見ると雪が吹っかけている様だった。
昼前には山からの吹き降ろしに乗って雪が少しチラチラと舞っていた。


寒い~(++;


PCに音楽専用のUSBを差し、お気に入りのBGMを流しながら仕事をしてた(^^;


寒い時期にはウインターソングも良いが、僕は「ビリージョエル」だ。
ビリージョエルを初めて聴いたのは小学校の頃。土曜日の午後にラジオでやっていた「FMリクエストアワー」という番組が好きで、それは「洋楽」専門で色々な曲が流れ毎週の楽しみの一つだった。確か4月頃の「春の特番」でビリージョエルとオリビアニュートンジョンなどやっていて聞き入ったもんだ。
ビリージョエルのJust the way you areやオリビアニュートンジョンとクリフリチャードのデュエットでsuddenly。カーペンターズの雨の日と月曜日は・・とか良く聴いたっけな。


ビリージョエルは良く聴いた。僕の中では春のポカポカ陽気のイメージがあって、寒い時にはとても良い(^^;


他に良く聴いたのは「キャロルキング」や「エアサプライ」、「ジョーコッカー」などでそのうち「ジャーニー」や「KISS」など、次第にロック系、エスカレートしロックンロールやハードロック、さらにエスカレートしヘビーメタルやスラッシュメタルなども好きになった。中学校の頃にはバンドに興味が湧いてバイトを頑張りエレキギターを買ってコピーしたり・・。昔は中学生でもバイトなんかいくらでも出来たしね。


とにかく音楽は「洋楽」ばかり良く聴いた。
ジャンルは色々で「これいい曲だな」と思ったら何でも聴いたよ。
それほど70年代後半から80年代あたりは「洋楽の黄金時代」だと思えるほど、すばらしい曲がいっぱいあったね。


90年代から最近までは数曲は良い曲もあるが、昔ほどではない気がする。
何か寂しいね。。


ジャズやクラシックなども色々聴いた。
ブルーノートのレコードで「ジャッキー・マクリーン」のサックスは特にお気に入りだ。
クラシックは王道の「ベートーベン」これはやはり「天才」としか言いようが無い。
「テンペスト」とか、どうすればあんな曲を作れるのか・・聴けば聴くほど深い。
そしてピアニストによって曲のイメージもそれぞれで面白い。
「ダニエル・バレンボイム」はお気に入りのピアニスト。
技術的にすばらしいピアニストもたくさんいるが「ユンディ・リー」とか・・。
まあ、このあたりは賛否両論あると思うが、僕はダニエル・バレンボイムのベートーベンが一番好きだ。


僕は今でも昔の洋楽を良く聴いている。
特に当時の映画にはその手の音楽が良く使われていて、曲を聴くと映画の場面を思い出したりする。近代というか・・最近の映画などはそういう感覚があまり感じられず、残念だね。。


ロックやメタル系でも昔の様な「衝撃的」な音楽は最近はないね。
ツェッペリンやブラックサバス、ディープ・パープル、アイアン・メイデン、メタリカなども良く聴いたしバンドでコピーなどもしたっけ(^^;


結局、今でも良く聴くのは原点に戻ってビリージョエルやキャロルキング、オリビアニュートンジョンなどの軽い曲? やっぱり何度聴いてもええのぅ~(^^)


35年以上経っても色褪せない、すばらしい音楽だ。


これからもずっと聴くのだろう。。


60歳・・70歳・・いや、死ぬまで聴くよね・・たぶん(^^;