itukawakanemotiniのブログ

訳あって一人暮らしの中年ダメおやじのブログ

天気がいいので→散歩(^^)

こんにちは。
今日から3連休で久しぶりにゆっくり休めるぞ\(^^)/
ということで・・関東北部のとある城跡公園へバイクで散歩です。


関東北部の山々です。
ど真ん中の山は那須の茶臼岳。
雲ひとつ無く見渡す限りの青空!


トンビ?が飛んでてちょうど良い雰囲気の木があったのでパシャ!

駐車場にバイクを止め、城跡公園まで5分くらい歩くと見晴らしの良い城跡の広場がある。屋根付きの休憩小屋があるくらいで、他には何も無い。それがまた殺風景ではあるが・・妙に落ち着く。
ここは「お城」というより「見張り台」や「休憩所」的な建屋があったのではないかと自分勝手に勝手に推測する。
理由は・・一般的に「城」というと敵からの攻撃を防御するような設備(お堀や横溝など)があるが、ここにはそれらしき後が何も無く、小高い山のてっぺんにちょこんと建てた様な形跡しかない。なにせ、ものすごく狭い敷地だ。周りの地形を見る限り、手を加えた様な所は少なく、斜面もとても急で通じる1つの道から攻められたら逃げ道も無さそうなので大きな「お城」には不向きと推測できる。


歴史は良くわからないらしく、約800年以上前に源頼朝の命により梶原景時らが攻め寄せ落城した・・などの説もあるようだが、詳細は不明。


この近辺は大きな城跡が多数あり、以前は城下町として栄えた場所もある。
那須与一の時代やら詳しくは分からないが、歴史は古そうだ。


ここから車で旧奥州街道を15分くらい北へ向かうと「白河の関所」がある。
主要街道沿いともあり、城跡や城下町、宿場町などの名残が地名や屋号などに残っている。


やはり車で15分前後南へ向かうと、かつて栄えた日本最古の金山(馬頭金山)がある。
この金山は高品質な金が採れるとして奈良時代に東大寺健立の資金源にもなっていた様である。


今は・・・とても寂れた町?と言っては失礼だけれども、特に何も無い。


ただ、古い歴史を「ほじくっと」←こっちの方言(笑)「掘り下げてみれば」この意味。
意外な発見があったりで、わりと面白いのではないか!?


そんな訳で今日はとても良い「気分転換」が出来たと思うよ(^^;